右脳開発の第一人者として知られる川村明宏氏によって開発されたジニアス記憶術というものをご存知でしょうか。 ジニアス記憶術は右脳を活性化することで、記憶力をアップさせることができます。 まずは、3分間のトレーニングを行って、脳に知識が定着しやすい状態を作ります。 通常、記憶は左脳で行われますが、ジニアス記憶術は右脳を使うところにコツがあるのです。 左脳に保存される記憶というのは短期的なもので、すぐに忘れてしまいます。 しかし、右脳を使って覚えると、忘れない長期記憶として保存することができます。 また、右脳を活性化することで、頭の回転もよくなるでしょう。 記憶術というのは、簡単に言うと、イメージトレーニングです。 集中力や創造力のある人ならば、膨大な量を簡単に記憶できます。 しかし、イメージすることが苦手な人は、記憶術を使うことができないということもありました。 脳トレを取り入れることによって、誰でも簡単に記憶術を使えるように改善したのが、ジニアス記憶術です。